等級取得に必要なこと

後遺障害の等級は、損害保険料率算出機構という機関が認定することになりますので、等級を取得するためには、この機関に対して書類の申請を行う必要があります。被害者が提出するのは後遺障害診断書などの、後遺障害があることと、その症状が事故との因果関係が認められていることを証明する書類です。後遺障害診断書は治療をしてもらっている医師に書いてもらう必要がありますので、事故後の治療を行っている時に相談してみることをおすすめします。

ただし、医師も書類を適当に書くことはできません。検査を繰り返し行い、本当に後遺症が残っているかどうか、本当に治療によって回復が見込めないのかどうかを調査する必要がありますので、その辺りは医師の判断を仰ぐ必要があります。いわゆる「症状固定」とは、これ以上治療したとしても症状の回復が認められない状態を指します。回復が認められないならば、これはもうお金で解決してもらうしかなく、つまり慰謝料を請求できる、という考え方になります。

等級を取得するための大まかな手順の流れとしては、まずは治療、症状固定が認められた後に後遺障害診断書の作成、書類を損害保険料率算出機構に提出、最後に後遺障害の等級認定という形になります。