事前認定と被害者認定がある

後遺障害の認定には、事前認定と被害者請求の2種類があります。どちらも同じく損害保険料率算出機構に書類を提出して後遺障害等級の認定という形になりますが、事前認定の方は保険会社に提出を任せる、被害者請求は自分で書類を提出するという違いがあります。自動車の人身事故の場合には、通常は加害者が任意保険に加入しているため、加害者側の任意保険会社が事前認定の手続きを行ってくれることになります。

事前認定は必要となる手続きのほとんどを保険会社が代行してくれることになりますので、被害者側としては手間も省けて非常に楽というメリットがあります。これに対して被害者請求には、証明が難しい神経症状や高次脳機能障害といった症状でも、充分に証拠を揃えられるというメリットがあり、難しい認定手続きであったとしても認定してもらえる可能性が高いのが利点となります。

事前認定のデメリットは、加害者側の任意保険会社に任せてしまうことになるため、不十分な証明によって、等級認定が難しくなってしまう点が挙げられます。保険会社からしてみれば保険金を支払う可能性がある事案に対して積極的に介入することは避けるのが一般的で、必要な書類も最低限なものを用意するのみとなります。被害者請求は自分で手続きを行うため、証明が難しい後遺症であったとしても充分な証明書類を揃えることが可能です。つまり等級の認定についても認定されやすいという利点があるのです。