後遺症と後遺障害

交通事故によって負ったケガは治療する必要があり、この時発生する治療費は被害者ではなく加害者が負担することになります。このように加害者は被害者に対して、金銭で賠償をする必要があり、治療費以外にも交通事故で失った物などを弁償してもらうことも可能で、損害賠償の金額は示談によって決められることになります。簡単にお金に換算できるものについては、お金に換算して請求すれば良いのですが、現実には例えば精神的な苦痛のようなお金に換算しにくいものについても換算しなければなりません。こちらは損害賠償金という形ではなく、慰謝料という形で請求することが可能になっています。

事故の被害に遭った場合、慰謝料を請求することが可能となりますが、慰謝料の金額は、ケガによって発生した後遺症によっても相場が変化することになります。後遺症が酷ければその分高い慰謝料が発生することになるわけです。後遺障害等級とは、後遺症がどの程度のものなのかを等級として認定したもので、慰謝料の相場を決定する上では無くてはならない存在です。

後遺症と後遺障害は似た言葉ですが、厳密に言えば異なり、後遺症は症状や状態のことを指すのに対して、後遺障害とは明確な等級付け、裏付けが行われたものを指しています。等級によって慰謝料の相場は変化することになりますので、後遺障害等級の認定は厳正に行われることになり、書類を作成、提出する必要があります。当サイトでは、後遺障害等級を取得するために、何をすれば良いのかについて紹介していきます。